ホーム > 事故賠償制度・免責事項

事故賠償制度・免責事項

事故賠償制度・免責事項

有限会社ファッションケア・オアシスは、日本興亜損保さんに加入しております。
内容は、クリーニング工程中の事故・宅配中の紛失、盗難。
保管庫の火災・盗難など、全ての過程に於いて保険に加入しております。
どうぞご安心ください。
当社加入の保険は1品当りの最高賠償金額は30万円が限度です。
30万円を超えるお品物は別途保険代が発生する為、1部をお客様に
ご負担頂く事となります。予め、お申し出くださいますようお願い申し上げます。


事故賠償制度
  【事故賠償基準規約】クリーニング業法に基づいた基準にて賠償致します。
 クリーニングでの事故トラブルは、以下の3つに大別することができます。
 (1) クリーニング業社(有限会社ファッションケア・オアシス)の
    作業方法に過失がある場合。
 (2) アパレルメーカー様側の企画・製造に過失がある場合。
 (3) お客様の着用時及び保管時に過失がある場合。
 事故賠償制度(クリーニング事故賠償)が適用されるのは
 (1)のクリーニング方法に過失があるとみなされた場合に限ります。
 なお、クリーニング事故原因の決定は繊維製品検査所等の鑑定に
 基づくものと致します。
 (1)のクリーニング方法に過失があるとみなされた場合
  ● 洗いによる損傷
  ● 仕上げによる損傷
  ● 紛失
  ● その他の原因による損傷
 ※背広上下など2点以上を1対とするものについては、その一部に
   損害が見られた場合1対のもの全体を考慮して賠償額を算定する。
   但し、その内1点のみがクリーニングに出された場合は
   そのもののみを対象に致します。

賠償額の範囲
購入後一年未満の場合=購入価格の100%~80%程度となります。
購入後二年未満の場合=購入価格の80%~60%程度となります。
購入後三年未満の場合=購入価格の60~50%程度となります。
購入後三年以上については購入価格の30%以下となります。
(上記賠償額については基本的なものであり委託商品の劣化・損傷状況によって
この限りではありません。また、賠償額の上限については当該商品の時価を

越えることはございません。)

賠償額算定の特例
洗濯物が紛失した場合、又は賠償額算定が困難な場合には次の方式になります。
(1) ドライクリーニングの場合クリーニング料金の40倍
(2) ランドリーの場合クリーニング料金の20倍


条件
(1) 当該商品お届け後2週間以内に判明したものと致します。
   (2週間以上経過したものは瑕疵部分も含めて事故賠償制度の
   対象外となりますので予めご注意ください。)
(2) 購入価格については、購入先又はメーカー様の領収書、レシート等を
   必要とします。それらが紛失・廃棄処分をされている場合は調査の上
   決定します。(時価を越えての賠償は応じられません。)
(3) 当社のナンバリングタグが確認でき、伝票とお召し物の一致が
   確認できた場合に限ります。
(4) 損害弁償品の返却及びクリーニング代金の返金はできません。
   但し、当社が別途に返却・返品を認めさせて頂いた場合は、
   その限りではありません。


免責
● 付属品の損害・損傷。(ボタン・ベルト・ファスナーを含む)
台風、地震などの自然災害による事故。
当社以外の運送時に発生した事故。
主観的価値である無形的損害賠償や精神的慰謝料には応じられません。
当社側に故意の重過失があった場合には民法の規定によります。
クリーニング表示の無い物。(当社との特別な取り決めを行った場合は、
   この限りではありません。)


事故品のご返却をご希望される場合
弁償の対象品をお客様のお手元にご返却をご希望の場合、賠償額を
  
50%減額させて頂いた後、ご返却をさせて頂きます。

ご参考にご覧ください
● 全国クリーニング生活衛生同業組合連合会・クリーニング綜合研究所
   クリーニング事故品鑑定のページ

● 東京都クリーニング生活衛生同業組合
   クリーニング事故賠償基準のページ

国民生活センター
    窓口のページ

 

PAGE TOP